キャンパス受験のときに学んだことが今になって拡がりを保ち始めた

テレビジョンで林修教員を見ていると,自分がキャンパス受験をした時のことを思い起こします。

もう一度何年も前になるのですが,その時に教員に言われた「キャンパス受験は見識の詰めではない」というせりふがとても印象的でした。

勿論,受験に見識が必要ないはないのですが,最終的に見識だけがあっても受験に成功することはできないんですよね。

見識があっても気掛かりを間違えてしまうことはありますし,誰も知らないような細かすぎる見識がキャンパス受験で仰ることはとりあえずありません。

仮にその見識が問われたとしても,それ以外の気掛かりを適切できればそのキャンパスにはパス決めるし,そもそもそんな気掛かりを出すキャンパスは方向性を見失っているとも考えられます。

キャンパス受験は,キャンパス近くは自分のキャンパスの大学生としてほしい大学生像を以てあり,それに見合った学力を企てるために試し気掛かりを作ります。

目下考えれば,開きのきつい世の中において生き抜く力を備えた大学生が欲しいというはずです。

こうしたパターン,些末な知識を持って要る大学生より,普遍的な知識を持っていて,知らないことにも果敢にチャレンジし,柔軟に開きに対応できる大学生が欲しいというのではないでしょうか。

そんなふうに考えると,「受験は見識の詰めではない」というせりふはその通りだ。

前教員に言われたせりふが今になって拡がりを持ってきました。もしや,これを気づかせるために教員はあの段階必死になって教えてくれていたのかもしれません。

受験生活は苦しかったですが,あの段階学んだことは今でも結構役に立っています。冬になったら食べたいランキング1位はこれですよね?